相場について

現在ガラケーよりもスマートフォンの普及率のほうが高くなってきました。
スマートフォンはガラケーに比べると電柱の消費速度が段違いにはやいというのが弱点です。
ただその弱点も本体と電池パックを一緒にすることでガラケーよりも長く電池がもつタイプも続々と出ているのでより普及率が高くなってきました。
スマートフォンは小さなパソコンをもっているような感じなので通信速度もはやいですし画面も大きいので慣れてしまえば非常に使いやすいです。
そのようなことからスマートフォンの買取りはとても高額になっています。
壊れたから諦めて売らないというのはもったいないです。多少壊れていてもスマートフォンは売れます。それほど需要があるのです。

今後は更にスマートフォンの普及は進んでいくでしょう。
それに伴いスマホのレベルもどんどん上がっていき使いやすさがより高くなっていくはずです。
もしかするとスマホ以上のケータイも新発売されるなんてこともあり得なくはないです。
それほどケータイの進歩ははやいのです。
毎月新しい機種が出るので新しく買い換える頻度も増えてくるでしょう。
それによりスマホを売る人も機会も増えることになると思います。
しかし需要のほうが供給を上回っているので高額な取り引きは続けられると思います。新しい機種は尚更でしょう。
スマホを持つ人が絶えない限りはレベルアップと高価買取りの波は収まることはないと思います。自分のスマホがどのくらいで売れるのか知っておくのもよいでしょう。